オススメのおまとめローンはこちら!

銀行系カードローンは低金利で本人確認書類のみで審査可能

 信販系や消費者金融系と比較すると、審査が厳しそうな銀行系カードローン。とっつきにくいイメージで敬遠していては勿体ありません。銀行系カードローンについて解説したいと思います。

①金利が低い なんといっても、銀行系カードローンは低金利です。消費者金融で金利の低いプロミスでも、基本金利は17.8%です。では、プロミスの親会社、三井住友銀行でカードローンを契約した場合、金利は同じかというと全くそんなことはありません。三井住友銀行カードローンの金利は14.5%。なんと3.3%も低いんです。

 他の銀行で申し込んだ場合でも、銀行系カードローンの金利は14%代の商品が大半です。たとえば三菱東京UFJ銀行のバンクイックというカードローンは、14.6%。地方銀行の大手、横浜銀行カードローンも14.6%の利率になっています。

②収入証明は必要? 銀行で通常のローンを組む場合、審査にあたって証明書類を請求されますよね。たとえばマイカーローンを申し込んで、源泉徴収票や車の見積書の提示を求められた経験がある方もいらっしゃると思います。

 しかし、カードローンに関しては消費者金融系と同じで、基本的には本人確認書類の提示するだけで申し込むことが可能です。ただし、高額な融資を希望するときや、利用用途が他社ローンのおまとめのときなど、例外的に収入証明書類や他社の残高証明書を求められる場合がありますので、ご注意ください。


このページの先頭へ